重要なお知らせ

重要なお知らせはありません。

  • NEWS
  • 脱ディーゼル化について

脱ディーゼル化について

2018年にフォークリフトの入れ替えにあたって、「脱ディーゼル化」を推し進め、ディーゼル車両を十数台手放し、新たにバッテリーフォークリフトと燃料電池フォークリフトへ入れ替えました。脱ディーゼル化に伴い得られた結果としまして、バッテリーフォークリフトはランニングコストが安く、騒音や排ガスもないため職場環境が改善しました。燃料電池車両も同様で、さらに二酸化炭素を出さないため環境負荷が低いです。車両を入れ替えることで、年間約200トンのCO2削減 を達成しています。また、バッテリーの寿命が尽きたときに交換したバッテリーは、リサイクルを経て飛行機のエンジンの部品、磁石などになると聞いており、リサイクルの重要性も感じております。2030年には全GSE車両に占める、ZEV車両の保有割合の目標を40%に掲げております。