Recruit

採用情報

Voice #06

外国人の採用率が高く、自分の夢を叶えつつ
大阪を離れずに仕事に就くことができました。

MAKEPEACE MAHARJAN

旅客部 旅客課

MAKEPEACE MAHARJAN

2011年入社

現在、旅客部にてチェックイン業務に携わっています。出発されるお客様の渡航先でのビザの必要性や、パスポートの有効期限などを確認したうえでの搭乗券のお渡しや、搭乗口でのゲート業務もしています。担当便の座席コントロールや、機内食の注文をすることもあります。超過料金が発生した際にお客様からお金を徴収するなど、カウンターでの売り上げに関わるキャッシャー業務にも携わっています。

優しい先輩方のおかげで緊張が和らぎ、
仕事ができるようになってゆきました。

大学から日本に留学をしました。卒業後、自分が学んだ日本語と英語を活かすことができる仕事を探しました。ホテル業界や旅行業界など、他にも学んだ日本語と英語を活かすことができる仕事はありましたが、小さい頃から好きだった飛行機に携わる夢を実現させたいと思い、就職活動をしました。外国人の採用率が高く、自分の夢を叶えつつ、住んでいた大阪を離れずに仕事ができるので、CKTSを選びました。

小さい頃からの夢を実現し、CKTSに入社することができました。とても華やかでかっこいいイメージがありましたが、入社したころはとても緊張して、きちんと仕事をできるか心配でした。慣れるまでは時間がかかり、何度も失敗しましたが、二度と同じ失敗をしないように先輩方が丁寧に教えてくれました。優しい先輩方のおかげで緊張が和らぎ、仕事ができるようになってゆきました。社内はみんなフレンドリーな雰囲気で、仕事をするのが楽しいです。

家族に接するように心を込めて接客をすると、涙を流して喜んでくれたことがありました。

私は、お客様と接し、日本語や英語でコミュニケーションをとるのが大好きです。笑顔でお客様と接して、お客様から「行ってきます。」と笑顔で言ってもらえた時や、外国人の私が日本で仕事している姿を見て、「頑張ってね!」「また会えたらいいな。」と言ってもらえた時は本当にやりがいを感じます。また、車いすの必要なお年寄りの方のお手伝いをした際に、家族に接するように心を込めて接客をすると、涙を流して喜んでくれたことがありました。そういった時は本当にこの仕事をしていてよかったなと思います。

お仕事感動エピソードお仕事感動エピソード

CKTSを目指す後輩にアドバイスCKTSを目指す後輩にアドバイス

語学力はもちろんですが、ホスピタリティー精神は基本で大切です。

接客業なので、コミュニケーション力が高い人が向いていると思います。日本語や英語をはじめ、時にはお客様の母国語で接客する必要もあります。お客様にサービスを提供しなければ仕事は成り立たないので、ホスピタリティー精神は基本で、大切なことです。また、航空機を定刻に出発させるため、一人だけの力ではなく、スタッフ全員の力を合わせることが必要です。以上のことから、コミュニケーション能力やホスピタリティー精神、語学力を高めておくことが必要です。

CKTSの「ここが自慢!」CKTSの「ここが自慢!」

多国籍なスタッフとフレンドリーな雰囲気の中で、レベルアップを目指すことができます!

外資系の航空会社を取り扱っているので、お客様も、スタッフも外国の方が多いです。会社の雰囲気は、とてもフレンドリーな感じで、CKTSに入社して良かったと思っています。仕事ができるようになってくると、責任のあるポジションが与えられ、レベルアップしていくことができます。こういった点が自慢です。

CKTSの「ここが自慢!」CKTSの「ここが自慢!」

産休からの長いブランク後の仕事復帰も、周りの先輩や後輩のサポートで安心して仕事ができています!

外国人スタッフとして採用された私ですが、毎日楽しく仕事をしており、入社6年目に突入します。私事ですが、3年前に結婚、2年前に出産し産休を頂きました。仕事復帰の際は、長い間のブランクがあったので不安でしたが、周りの先輩や後輩のサポートで安心して仕事ができています。このようなサポートのある職場で楽しく働くことができているのは、やりがいに繋がっています。

採用試験対策ポイント!採用試験対策ポイント!

航空業界への就職を希望した私は、大学の図書館で航空関連の本を読み、採用試験対策になるポイントを勉強しました。大学では面接やマナー、自己アピールなどの授業はなかったので、同級生やゼミの先生に教えてもらい何度も練習をしました。一番の採用の決め手は、接客が好きな点と、語学力だと思います。